Jan Schenk

Diversity & Inclusion, Linux

Connect

経歴

物心ついた頃から、さまざまな種類のテクノロジに興味がありました。 学生であった 90 年代の始めにはアセンブラーのプログラミングを始めていました。生物学者になろうと奮闘した後 (大学は 2 年生で退学しましたが、今は再びバイオテクノロジに魅力を感じています)、10 年以上の間、Linux スタックの PHP Web 開発者としてオープン ソースの世界に身を置いていました。 2008 年に精神的不和を経験した後、テクノロジ エバンジェリスト (相互運用、ライブ、Web) として MSFT への参加を決心しましたが、オープン性の実際の定義を明確に理解するまでには長い時間がかかりました。 私は開発者コミュニティの力を信じています。それは、学ぶ熱意のあるすべての人を迎え入れ、テクノロジを生活のあらゆる側面に展開するための鍵だと思います。 私は多様であることの力を強く信じており、これを広く訴えることが自分の仕事の主な目的であると考えています。 私についてもう少し: 二児の父、医療機器を常時携帯している 1 型糖尿病患者、人間関係とテクノロジに関するあらゆることにいつも興味津々です。 現在、余暇にしていること: 読書、プログラミング (python)、ループの構築 (#openAPS、#wearenotwaiting)、Raspberry Pi とクラシック カー (もの) いじり。

専門分野

  • D&I
  • プログラム管理
  • Linux