Jim Bennett

Xamarin

Connect

経歴

私は、物心ついたころからずっとプログラミングをしています。最初のきっかけは、両親が買ってくれた ZX Spectrum です。書籍や雑誌に掲載されているコード表を、母に手伝ってもらいながら写していました。 この 20 年は、仕事でプログラミングをしています。最初は C++ で書いていましたが、徐々に C# (F# も少し) に移行し、その対象もデスクトップ アプリから、Xamarin を使ったモバイル アプリ開発へと変わってきました。 近年では、すっかり Xamarin にはまってしまい、カンファレンスで講演を行ったり、Xamarin のミートアップを主催して発言の機会を得たり、ブログで発信したりしています。『Xamarin in Action』(Manning) という本も執筆しました。 その情熱から Xamarin MVP になり、ついに Microsoft MVP を受賞するにいたりました。

スーパーコンピューターをポケットに入れて持ち歩けるようになったこと、そしてインターネット接続の普及率が世界中で高まっていることに、私は興奮を覚えます。インターネットに接続されたアプリは、私たちの暮らしをどう変えるのでしょうか。先進国の人々が宅配を注文することであれ、教育の網から漏れた発展途上国の子供たちが、勉強する機会に恵まれることであれ、それを考えると本当にわくわくするのです。

人々が先生という職業に幸せを見出すように、私もまた、アプリを開発するだけでなく、プログラマーとしてその知識を共有することに関心があります。 自分が覚えたことを他人に見せて、話し、伝えることが好きなのです。 ブログ記事であれ書籍であれ、執筆活動を通じて自分の知識を共有することも楽しいと感じます。

テクノロジ以外では、よく旅に行きます。4 つの大陸のさまざまな国で暮らした経験があります。 異文化に心を奪われ、その国にしかない、いろいろな食事に挑戦することが好きです。 私は愛妻家で、子煩悩な父親です。よく工作をしたり、お姫様の真似事をしたりしています。とにかく、そのときどきで娘が喜ぶことであれば何でもします。

技能

  • Xamarin
  • .NET
  • XAML
  • MVVM