Paul DeCarlo

IoT

Connect

経歴

シニア クラウド デベロッパー アドボケイトとして、IoT、OSS、コンテナー、Kubernetes を中心に取り組んでいます。

Paul は、若くしてコンピューター プログラミングに出会いました。きっかけとなったのは、近所の人が出したがらくたから引っぱり出した Tandy TRS-80 と BASIC のマニュアルでした。 2006 年にヒューストン大学で心理学の学士号を取得し (副専攻はビジネス)、その 2 年後には、コンピューター サイエンスの修士号を取得するために大学に戻りました。さらにもう一度戻って、今度は RateMyProfessor.com によるところの "ヒューストン大学で最も評価の高い教授" という肩書きを得ました。 ここ 5 年間は、Microsoft に勤めて開発者エバンジェリストとソフトウェア エンジニアリングの役割を担ってきました。今のところ、彼の人生で最高の時期と考えています。 彼のテクノロジへの関心は多岐にわたっていますが、特に IoT 関連のものに比重が移りつつあります。 彼は、自分で考案した技術を使用して古いものをリニューアルすることが好きで、最近では、C64 モードの Commodore 128 からスターバックスのコーヒーを注文してみました。 また、A/V 切替器を使って 16 台のレトロなゲーム機を 29 インチの Sony トリニトン ブラウン管テレビに接続することで、階上でビデオ ゲームをいつでも安定して使用できる状態にしています。さらに、彼はヒューストンのツール トリビュート バンドである Spiral Out のリード ボーカリストとして活躍していることが知られています。休みの間は、13 本の木の世話をしたり、マウンテン バイクに乗ったり、シーズー犬のロメオの散歩をしたりして楽しんでいます。

専門分野

  • IoT
  • Linux
  • Web 開発
  • .NET
  • Docker
  • Kubernetes

最近のプロジェクト