添付ファイルを取得する

イベントメッセージ、または投稿に添付されている添付ファイルのプロパティとリレーションシップを読み取ります。

添付ファイルには、次の種類のいずれかを指定できます。

これらの添付ファイル リソースのすべての種類は、attachment リソースから派生します。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。

  • メッセージの添付ファイルにアクセスする場合:Mail.Read
  • イベントの添付ファイルにアクセスする場合:Calendars.Read
  • グループ イベントおよび投稿の添付ファイルにアクセスする場合:Group.Read.All

HTTP 要求

ユーザーまたはグループの既定のカレンダー内のイベントの添付ファイル。

GET /me/events/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/events/{id}/attachments/{id}
GET /groups/{id}/events/{id}/attachments/{id}

GET /me/calendar/{id}/events/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events/{id}/attachments/{id}
GET /groups/{id}/calendar/events/{id}/attachments/{id}

ユーザーの既定 calendarGroup に属するカレンダーイベントの添付ファイル。

GET /me/calendars/{id}/events/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendars/{id}/events/{id}/attachments/{id}

GET /me/calendargroup/calendars/{id}/events/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendargroup/calendars/{id}/events/{id}/attachments/{id}

ユーザーの calendarGroup に属するカレンダーイベントの添付ファイル。

GET /me/calendargroups/{id}/calendars/{id}/events/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendargroups/{id}/calendars/{id}/events/{id}/attachments/{id}

ユーザーのメールボックス内のメッセージの添付ファイル。

GET /me/messages/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/messages/{id}/attachments/{id}

ユーザーのメールボックスの最上位レベルの mailFolder に含まれているメッセージの添付ファイル。

GET /me/mailFolders/{id}/messages/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/mailFolders/{id}/messages/{id}/attachments/{id}

ユーザーのメールボックスの mailFolder の子フォルダーに含まれているメッセージの添付ファイル。次の例は、入れ子のレベルの 1 つを示していますが、メッセージは子の子などに入れることができます。

GET /me/mailFolders/{id}/childFolders/{id}/.../messages/{id}/attachments/{id}
GET /users/{id | userPrincipalName}/mailFolders/{id}/childFolders/{id}/messages/{id}/attachments/{id}

グループの会話に属するスレッド内の投稿の添付ファイル。

GET /groups/{id}/threads/{id}/posts/{id}/attachments/{id}
GET /groups/{id}/conversations/{id}/threads/{id}/posts/{id}/attachments/{id}

オプションのクエリ パラメーター

このメソッドは、応答をカスタマイズするための OData クエリ パラメーターをサポートします。

要求ヘッダー

名前 説明
Authorization string Bearer . Required.

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと、応答本文で Attachment オブジェクトを返します。

例 (添付ファイル)

要求

以下は、イベントの添付ファイルを取得する要求の例です。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/events/{id}/attachments/{id}
応答

以下は、応答の例です。注: 簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。実際の呼び出しではすべてのプロパティが返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 199

{
  "@odata.type": "#microsoft.graph.fileAttachment",
  "contentType": "contentType-value",
  "contentLocation": "contentLocation-value",
  "contentBytes": "contentBytes-value",
  "contentId": "null",
  "lastModifiedDateTime": "2016-01-01T12:00:00Z",
  "id": "id-value",
  "isInline": false,
  "name": "name-value",
  "size": 99
}

例 (項目の添付ファイル)

要求

以下は、イベントの項目の添付ファイルを取得する要求の例です。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/events/{id}/attachments/{id}
応答
HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json

{
  "@odata.type": "#microsoft.graph.itemAttachment",
  "lastModifiedDateTime": "datetime-value",
  "name": "name-value",
  "contentType": "contentType-value",
  "size": 99,
  "isInline": true,
  "id": "id-value"
}

例 (添付ファイルの参照)

要求

以下は、イベントの添付ファイルの参照を取得する要求の例です。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/events/{id}/attachments/{id}
応答

以下は、応答の例です。注:簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。すべてのプロパティは実際の呼び出しから返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 215

{
  "@odata.type": "#microsoft.graph.referenceAttachment",
  "contentType": "contentType-value",
  "lastModifiedDateTime": "datetime-value",
  "id": "id-value",
  "isInline": false,
  "name": "name-value",
  "size": 99,
}