calendarView を一覧表示する

ユーザーまたはグループの既定の予定表 (../me/calendarview) またはユーザーが所有する他の予定表から、時間範囲で定義した予定表ビューのイベントの発生、例外、および単一インスタンスを取得します。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。

  • ユーザーの予定表のイベント:_Calendars.Read_ または Calendars.ReadWrite
  • グループの予定表のイベント:_Group.Read.All_ または Group.ReadWrite.All

HTTP 要求

ユーザーまたはグループの既定の予定表

GET /me/calendar/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendar/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}
GET /groups/{id}/calendar/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}

既定の calendarGroup のユーザーの予定表

GET /me/calendars/{id}/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendars/{id}/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}

GET /me/calendarGroup/calendars/{id}/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendarGroup/calendars/{id}/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}

特定の calendarGroup のユーザーの予定表

GET /me/calendarGroups/{id}/calendars/{id}/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}
GET /users/{id | userPrincipalName}/calendarGroups/{id}/calendars/{id}/calendarView?startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}

クエリ パラメーター

要求 URL に、次の必須のクエリ パラメーターを値で指定します。

パラメーター 説明
startDateTime String 時間範囲の開始日時は、ISO 8601 形式で表されます。例: "2015-11-08T19:00:00.0000000"。
endDateTime String 時間範囲の終了日時は、ISO 8601 形式で表されます。例: "2015-11-08T20:00:00.0000000"。

また、このメソッドは応答をカスタマイズするための OData クエリ パラメーターもサポートします。

要求ヘッダー

ヘッダー
Authorization Bearer . Required.
Prefer outlook.timezone="Eastern 標準時"です。省略可能。これを使用して、応答内の開始および終了時刻のタイム ゾーンを指定します。指定されていない場合、応答は UTC で返されます。

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと、応答本文で Event オブジェクトのコレクションを返します。

要求

以下は、要求の例です。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/calendar/calendarView?startDateTime=2017-01-01T19:00:00.0000000&endDateTime=2017-01-07T19:00:00.0000000
応答

以下は、応答の例です。注:簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。すべてのプロパティは実際の呼び出しから返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 354

{
  "value": [
    {
      "originalStartTimeZone": "originalStartTimeZone-value",
      "originalEndTimeZone": "originalEndTimeZone-value",
      "responseStatus": {
        "response": "response-value",
        "time": "datetime-value"
      },
      "iCalUId": "iCalUId-value",
      "reminderMinutesBeforeStart": 99,
      "isReminderOn": true
    }
  ]
}