最近使用したファイルを一覧表示する

サインインしたユーザーによって最近使用されたアイテムのセットを一覧表示します。このコレクションには、ユーザーのドライブにあるアイテムと、他のドライブとの間でアクセス可能なアイテムが含まれています。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。

  • Files.Read
  • Sites.Read.All

HTTP 要求

GET /me/drive/recent

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/drive/recent

応答

これは、ドライブの所有者が最近アクセスしたアイテムの DriveItem リソースのコレクションを返します。ユーザーのドライブ以外のアイテムには、共有アイテムにアクセスするための情報を提供する RemoteItem ファセットが含まれます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json

{
  "value": [
    {
      "id": "1312abc!1231",
      "remoteItem":
      {
        "id": "1991210caf!192",
        "name": "March Proposal.docx",
        "file": { },
        "size": 19121,
        "parentReference": {
          "driveId": "1991210caf",
          "id": "1991210caf!104"
        }
      }
    },
    {
      "id": "1312def!9943",
      "name": "Vacation.jpg",
      "file": { },
      "size": 37810,
      "parentReference": {
        "driveId": "1312def",
        "id": "1312def!123"
      }
    }
  ]
}

注釈

recent アクションから返された DriveItems の中には、それらが異なるドライブからのアイテムであることを示す remoteItem ファセットが含まれるものがあります。元の DriveItem オブジェクトにアクセスするには、remoteItem で提供された情報を使用して、以下に示す書式で要求を作成する必要があります。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/drives/{remoteItem.driveId}/items/{remoteItem.id}