DriveItem プロパティを更新する

DriveItem のメタデータを、ID またはパスで更新します。

アイテムの parentReference プロパティを更新することで、他の親への 項目の移動 に更新を使うこともできます。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。

  • Files.ReadWrite

HTTP 要求

PATCH /me/drive/items/{item-id}
PATCH /me/drive/root:/{item-path}
PATCH /drives/{drive-id}/items/{item-id}
PATCH /groups/{group-id}/drive/items/{item-id}

要求ヘッダー

名前 説明
if-match String この要求ヘッダーが含まれていて、指定された eTag (または cTag) がフォルダーの現在の eTag に一致しない場合には、412 Precondition Failed 応答が返されます。

要求本文

要求本文で、更新すべきプロパティの値を指定します。要求本文に含まれない既存のプロパティは、以前の値のままになるか、他のプロパティ値の変化に基づいて再計算されます。最高のパフォーマンスのためには、変更されていないプロパティをアプリケーションに含めないでください。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと、応答本文で、更新された DriveItem リソースを返します。

この例では、driveItem の名前を変更します。

PATCH /me/drive/items/{item-id}
Content-type: application/json

{
    "name": "new-file-name.docx"
}

応答

以下は、応答の例です。この応答は、読みやすさのために切り詰められています。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json

{
    "id": "01NKDM7HMOJTVYMDOSXFDK2QJDXCDI3WUK",
    "name": "new-file-name.docx",
    "file": { }
}