メッセージを更新する

メッセージ オブジェクトのプロパティを更新します。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。Mail.ReadWrite

HTTP 要求

PATCH /me/messages/{id}
PATCH /users/{id | userPrincipalName}/messages/{id}
PATCH /me/mailFolders/{id}/messages/{id}
PATCH /users/{id | userPrincipalName}/mailFolders/{id}/messages/{id}

要求ヘッダー

名前 説明
Authorization string Bearer . Required.
Content-Type string エンティティ本文内のデータの性質です。必須。

要求本文

要求本文で、更新する関連フィールドの値を指定します。要求本文に含まれない既存のプロパティは、以前の値のままになるか、他のプロパティ値の変化に基づいて再計算されます。最適なパフォーマンスを得るためには、変更されていない既存の値を含めないでください。以下のプロパティは書き込み可能または更新可能です。

プロパティ 説明
bccRecipients Recipient メッセージの BCC 受信者。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
categories String collection メッセージに関連付けられたカテゴリ。
ccRecipients Recipient collection メッセージの Cc 受信者です。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
from Recipient メッセージのメールボックス所有者と送信者。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
importance String メッセージの重要度です。可能な値は、LowNormalHigh です。
inferenceClassification String 推定される関連性や重要性、または明示的なオーバーライドに基づく、ユーザーのメッセージの分類です。使用可能な値: focused または other
internetMessageId String RFC2822 によって指定された形式のメッセージ ID。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
isRead Boolean メッセージが読み取られたかどうかを示します。
replyTo Recipient collection 返信時に使用される電子メール アドレス。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
sender Recipient メッセージを生成するために実際に使用されるアカウント。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
toRecipients Recipient collection メッセージの宛先受信者。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
body ItemBody メッセージの本文。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。
isDeliveryReceiptRequested Boolean メッセージの開封応答が要求されているかどうかを示します。
isReadReceiptRequested Boolean メッセージの開封応答が要求されているかどうかを示します。
subject String メッセージの件名です。IsDraft = true の場合にのみ更新可能です。

メッセージ リソースは拡張機能をサポートしているため、PATCH 操作を使用して、既存のメッセージ インスタンスで拡張機能のカスタム プロパティにあるアプリ固有のデータを追加、更新、または削除することができます。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと、応答本文で更新された message オブジェクトを返します。

要求

以下は、要求の例です。

PATCH https://graph.microsoft.com/v1.0/me/messages/{id}
Content-type: application/json
Content-length: 248

{
  "subject": "subject-value",
  "body": {
    "contentType": "",
    "content": "content-value"
  },
  "inferenceClassification": "other"
}
応答

以下は、応答の例です。注:簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。すべてのプロパティは実際の呼び出しから返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 248

{
  "receivedDateTime": "datetime-value",
  "sentDateTime": "datetime-value",
  "hasAttachments": true,
  "subject": "subject-value",
  "body": {
    "contentType": "",
    "content": "content-value"
  },
  "bodyPreview": "bodyPreview-value",
  "inferenceClassification": "other"
}

関連項目