メッセージを一覧表示する

サインイン中のユーザーのメールボックス内のメッセージを取得します (削除済みアイテムと低優先メール フォルダーを含む)。

現在、この操作によって返されるメッセージの本文は HTML 形式のみです。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。Mail.Read、Mail.ReadWrite

HTTP 要求

ユーザーのメールボックス内のすべてのメッセージを取得する

GET /me/messages
GET /users/{id | userPrincipalName}/messages

ユーザーのメールボックス内の特定のフォルダーにあるメッセージを取得する

GET /me/mailFolders/{id}/messages
GET /users/{id | userPrincipalName}/mailFolders/{id}/messages

オプションのクエリ パラメーター

このメソッドは、応答をカスタマイズするための OData クエリ パラメーターをサポートします。

要求ヘッダー

ヘッダー
Authorization Bearer . Required.

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと、応答本文で Message オブジェクトのコレクションを返します。

この要求の既定のページ サイズは、メッセージ 10 個です。

要求

以下は、要求の例です。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/messages
応答

以下は、応答の例です。注:簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。すべてのプロパティは実際の呼び出しから返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 317

{
  "value": [
    {
      "receivedDateTime": "datetime-value",
      "sentDateTime": "datetime-value",
      "hasAttachments": true,
      "subject": "subject-value",
      "body": {
        "contentType": "",
        "content": "content-value"
      },
      "bodyPreview": "bodyPreview-value"
    }
  ]
}