user: reminderView

指定した開始時刻と終了時刻内の予定表のアラームの一覧を返します。

前提条件

この API を実行するには、以下のいずれかのスコープが必要です。Calendars.Read、Calendars.ReadWrite

HTTP 要求

GET /users/{id | userPrincipalName}/reminderView(startDateTime=startDateTime-value,endDateTime=endDateTime-value)

関数パラメーター

要求 URL に、次の関数パラメーターを値で指定します。

パラメーター 説明
startDateTime String アラームを設定するイベントの開始日時です。値は ISO 8601 形式で表されます。例: "2015-11-08T19:00:00.0000000"。
endDateTime String アラームを設定するイベントの終了日時です。値は ISO 8601 形式で表されます。例: "2015-11-08T20:00:00.0000000"。

要求ヘッダー

ヘッダー
Authorization Bearer . Required.
Content-Type application/json
Prefer <タイム ゾーン="">。省略可能。指定しない場合、UTC が使用されます。

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 200, OK 応答コードと、応答本文でアラーム コレクション オブジェクトを返します。

以下は、この API を呼び出す方法の例です。

要求

以下は、要求の例です。

GET https://graph.microsoft.com/v1.0/me/reminderView?startDateTime=startDateTime-value&endDateTime=endDateTime-value
応答

以下は、応答の例です。注:簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。すべてのプロパティは実際の呼び出しから返されます。

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 673

{
  "value": [
    {
      "eventId": "eventId-value",
      "eventStartTime": {
        "dateTime": "dateTime-value",
        "timeZone": "timeZone-value"
      },
      "eventEndTime": {
        "dateTime": "dateTime-value",
        "timeZone": "timeZone-value"
      },
      "changeKey": "changeKey-value",
      "eventSubject": "eventSubject-value",
      "eventLocation": {
        "displayName": "displayName-value",
        "address": {
          "street": "street-value",
          "city": "city-value",
          "state": "state-value",
          "countryOrRegion": "countryOrRegion-value",
          "postalCode": "postalCode-value"
        }
      }
    }
  ]
}