fileAttachment リソースの種類

イベント、メッセージまたは投稿に添付されたファイル (テキスト ファイルや Word 文書など) です。contentBytes プロパティには、base64 でエンコードされたファイルの内容が含まれています。

添付ファイルを作成する場合は、要求本文に以下が含まれます。

  • "@odata.type": "#microsoft.graph.fileAttachment"
  • 必要なプロパティ namecontentBytes

添付ファイルから派生します。

メソッド

メソッド 戻り値の型 説明
取得 fileAttachment fileattachment オブジェクトのプロパティと関係を読み取ります。
Delete なし fileAttachment オブジェクトを削除します。

プロパティ

プロパティ 説明
contentBytes Binary ファイルのバイナリ コンテンツです。
contentId String Exchange ストア内の添付ファイルの ID。
contentLocation String 添付ファイルのコンテンツの場所に対応する Uniform Resource Identifier (URI)。
contentType String 添付ファイルのコンテンツ タイプ。
id String 添付ファイル ID。
isInline Boolean インライン添付ファイルの場合、true に設定します。
lastModifiedDateTime DateTimeOffset 添付ファイルが最後に変更された日時です。
name String 埋め込み添付ファイルを表すアイコンの下に表示されるテキストを表す名前。これは、実際のファイル名にする必要はありません。
size Int32 添付ファイルのバイト単位のサイズ。

関係

なし

JSON 表記

以下は、リソースの JSON 表記です

{
  "contentBytes": "binary",
  "contentId": "string",
  "contentLocation": "string",
  "contentType": "string",
  "id": "string (identifier)",
  "isInline": true,
  "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)",
  "name": "string",
  "size": 1024
}