Windows の Microsoft Store でアプリを見つけやすくする

Rumsha Siddiqui

Microsoft Store にアプリを公開される皆さんを歓迎します。優れたアプリを開発できたら、次に必要なのは、顧客がそれを見つけて、詳細を知ることができるようにすることです。

Web 上の資産を見つけやすくするのにメタデータやページ情報が重要であるのと同じように、お客様がパートナー センターで提供するメタデータは、Windows の Microsoft Store での見つけやすさ顧客エンゲージメントを高めるのに不可欠です。

充実した適切な情報が製品一覧に含まれるようにし、顧客がお客様の Windows アプリを簡単に見つけられるようにするため、次のベスト プラクティスを考慮してください。

  • 製品名
    • これは、検索結果を含め、Microsoft Store 全体でアプリのタイトルとして表示される名前です。
    • 顧客がお客様の製品を識別し、他と区別できるような、シンプルでユニークな名前を使用します。
    • "ゲーム"、"生産性"、"ヘルス" などの一般的な用語はアプリ名に使用しないようにします。 むしろ、アプリが際立つような名前を使用します。
  • Microsoft Store ロゴ
    • アプリのアイコンは、最初に顧客の目に付き、顧客がアプリを認識するのに使用するビジュアルです。お客様の Windows アプリを顧客が簡単に見つけて利用できるようにするため、特徴的でわかりやすいアイコンのデザインに投資しましょう。
  • 説明
    • アプリの PDP にユーザーがアクセスしたときにすぐエンゲージが得られるように、キャッチーな短い説明またはタグラインを作成します。
    • 長い説明には、次の情報が確実に含まれるように、時間をかけてください。
      • アプリに関連するキーワードと情報。これには、アプリの機能、固有の特徴、サブスクライブ方法など、顧客がアプリの機能や特徴を理解するのに役立つすべての情報が含まれます。
      • アプリの最新情報。次の方法で行えます。
        • その情報がアプリの将来のリリースにあてはまることを確認する。
        • アプリのバージョンが更新されたなら新しい申請を作成する。
      • アプリでメディアを提供する場合は、提供される人気ジャンルを含めるようにする。
  • 検索語句
    • 顧客がアプリを参照する際に使用する可能性のあるアプリ名のバリエーションを含めます。たとえば、アプリの頭字語や短縮名などを考慮します。アプリの頭字語や短縮名を考慮します。たとえば、顧客は Microsoft Teams を検索する際に、Teams、Windows Teams、MS Teams などの表現を使う可能性があります。
    • お客様のアプリに関係のある表現に絞り、他のほとんどの製品にも当てはまる一般的な表現は避けるようにします。たとえば、"迷路" などはアプリの関連表現に相当しますが、"ゲーム" などは一般的な表現です。
    • 1 語だけでアプリの特徴を表せる表現をいくつか提出します。たとえば、"ペン ツール" ではなく "ペン" を試すことができます。
  • スクリーンショット
    • スクリーンショット自体は見つけやすさを向上させるものではありませんが、顧客をエンゲージさせてアプリのユーザーに変えるための重要な要素です。製品の特徴をユーザーがよりよく理解できるようにするため、お客様の Windows アプリの主な機能や特徴を視覚的に紹介することを検討しましょう。少なくとも 4 つのスクリーンショットを使用することをお勧めします。

アプリのメタデータとして記載する情報を計画することは、公開プロセスの重要な手順です。メタデータを計画する場合は、Microsoft Store ポリシーに従ってください。

パートナー センターの使用に関するその他のガイダンスについては、「パートナー センター ドキュメント」を参照してください。