アプリの収益化

アプリ内購入、柔軟な価格モデル、アプリ内広告など、マイクロソフトのプラットフォームは、アプリから収益を獲得するために必要な機能を備えています。

価格モデルを選ぶ

アプリのインストールや使用に対してお客様から支払いを受け取るには、いくつかの方法があります。マイクロソフトのプラットフォームでは、複数の柔軟なオプションをご用意しています。

アプリの価格を前払いで請求できます。市場ごとの価格を設定するオプションを含めて、包括的な価格帯範囲をサポートしています。特売のスケジュールを設定し、一定の時間アプリの価格を値下げすることもできます。

アプリの無料試用版を提供して、より多くのお客様に試用してもらうことができます。通常版の購入を促すために、試用版での機能を制限したり (たとえば、ゲームの最初のレベルのみにする) 広告を表示したり、期限付きの試用版を指定できます。

アプリの価格を請求する場合でも、無料で提供する場合でも、アプリでアプリ内購入を使って、継続的な収益を実現できます。アプリ内購入を使うと、お客様にアプリの無料版から有料版へのアップグレードを提供したり、継続的アドオンやコンシューマブル アドオンをアプリ内で販売したりすることができます。

広告によるアプリの収益の獲得

UWP アプリに広告を配置することで、収益機会を増やします。マイクロソフトの広告プラットフォームは、さまざまな種類の広告をサポートし、さまざまな人気のある広告ネットワークとの仲介を提供します。

バナー広告、スポット広告 (バナーおよびビデオ)、リニア ビデオ広告、再生可能広告、ネイティブ広告など、さまざまな広告をサポートし、ほとんどのニーズに対応しています。マイクロソフトのプラットフォームは、OpenRTB、VAST 2.x、MRAID 2、および VPAID 3 の各標準に準拠しており、MOAT および IAS と互換性があります。

複数の人気のある広告ネットワークから広告を提供する、新しいマイクロソフトの広告仲介サービスを使って、アプリでの広告収益を最大化します。コード行を変更せずに、デベロッパー センター ダッシュ ボードで、仲介の設定を構成できます。マイクロソフトに仲介を設定させる場合、マイクロソフトの機械学習アルゴリズムによって、お客様のアプリがサポートしている市場の広告収益を最大化できます。

Windows デベロッパー センター ダッシュ ボードの分析レポートを使って、アプリ内広告のパフォーマンスを確認し、この情報を使って、広告の収益を最大化します。このデータをプログラムで取得するために使える RESTful API も提供します。

アプリ内広告で収益を得る

このビデオでは、アプリ内に表示できるさまざまな種類の広告を紹介し、広告仲介を利用して広告収益を増やす方法について説明します。

双眼鏡でビジネス データを見つめている男性の概念イラスト。

その他の収益機会

収益を増やす他の方法については、次のオプションを検討してください。

  • マイクロソフトのアフィリエイト プログラム。アプリ、ブログ、Web ページなどのコミュニケーション ツールからマイクロソフト製品にリンクして、手数料を獲得できます。リンクの対象として使うことができるのは、Windows ストアで販売されているアプリ、ゲーム、音楽、ムービーまたは Microsoft ストアで販売されているハードウェアやアクセサリなどの商品があります。
  • A/B テスト。アプリの機能の変更をすべてのユーザー向けに有効にする前に、アプリで A/B テストを実行し、一部のユーザーを対象として機能の変更の有効性を測定します。

Windows とストアの傾向

Windows 用アプリの作成または移植を検討している場合でも、Windows ストアに既にアプリを登録している場合でも、作成するアプリの種類や、開発で重点を置く部分を決定するために、Windows デバイスと Windows ストア エコシステムに関する情報が必要になります。これらの決定を行うために必要なデータを提供する、さまざまな月次レポートが発行されています。

データを確認するために拡大鏡を使う手の形の概念イラスト。

収益の分析

これらの Windows デベロッパー センターのレポート使って、ストアでのアプリのパフォーマンスを監視します。

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook WeChat line