アプリの収益の獲得

ユニバーサル Windows プラットフォームと Windows ストアでは、さまざまな方法でアプリから収益を得ることができます。
アプリでの広告の表示
バナーとスポット広告の表示

Microsoft Store Services SDK を使用して、アプリにバナー広告やスポット広告 (ビデオやバナー) を表示し、収益を増やしましょう。

UWP アプリでの他の広告ネットワークの SDK の使用

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリで Vungle からのビデオ広告や AdDuplex または Smaato からのバナー広告を表示し、収益を増やしましょう。

アプリとアプリ内機能向けの価格戦略の選択
有料アプリ

アプリの価格を前払いで請求しましょう。市場ごとの価格を設定することもできます。

アプリ内購入と無料試用版

ユーザーがアプリ内から購入できる製品や機能を販売できます。また、無料試用版では機能を制限し、アプリを購入するように促しましょう。

アプリ内の広告による収益の獲得

ユニバーサル Windows プラットフォームと Windows ストアでは、有料のダウンロード、アプリ内購入、広告を通じて簡単に収益を得ることができます。このビデオでは、これらの機能について説明し、アプリに広告を追加する方法を簡単に示します。

収益化の新機能

スポット バナー広告

最新リリースの Microsoft Store Services SDK では、ビデオ スポット広告や標準のバナー広告だけでなく、UWP アプリ用バナー スポット広告がサポートされるようになりました。

アプリ内購入用の新しい API

Windows 10 バージョン 1607 では、アプリ内購入の実行や、アプリのライセンス情報へのアクセスを行うための新しい API が Windows.Services.Store 名前空間に導入されています。

Microsoft Store Services SDK

この SDK には、UWP アプリでの広告の表示、A/B テストの実行、およびアプリに関するユーザーのフィードバックの収集に必要なライブラリとツールが用意されています。この SDK には、新しい機能が徐々に追加されていきます。

アフィリエイト広告

バナー広告が表示されるようにアプリを設定している場合は、ストアの製品に関する Microsoft アフィリエイト広告をアプリに表示することで、広告のフィル レートと収益を増やすことができます。ユーザーがアフィリエイト広告をクリックして一定の期間内に製品を購入すると、購入ごとに収益を獲得できます。

Windows とストアの傾向

Windows 用アプリの作成または移植を検討している場合でも、Windows ストアに既にアプリを登録している場合でも、作成するアプリの種類や、開発で重点を置く部分を決定するために、Windows デバイスと Windows ストア エコシステムに関する情報が必要になります。これらの決定を行うために必要なデータを提供する、さまざまな月次レポートが発行されています。

詳細情報

収益の分析
Microsoft アフィリエイト プログラム

アプリ、ブログ、Web ページなどのコミュニケーション ツールから Microsoft 製品にリンクして、手数料を獲得できます。リンクの対象として使うことができるのは、Windows ストアで販売されているアプリ、ゲーム、音楽、または Microsoft ストアで販売されているハードウェアやアクセサリなどの商品があります。

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook WeChat line