既存のコードを Windows に移植する

コードを作成した環境にかかわらず、Windows への移植ができます。

Windows ブリッジ

既存のデスクトップ アプリを変換すると、クリーン インストールおよび更新を行うことも、Windows ストアや好みのチャネルで公開することもできます。さらに、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の機能でアプリを強化して、Windows 10 を実行するすべてのデバイスをターゲットとすることができます。

Windows 10 を使用すると、既存の Web アプリケーションが含まれる UWP アプリを簡単に作成して、Windows ストアで公開することができます。さらに Web アプリの JavaScript から直接 UWP API を呼び出すことで、ネイティブの UWP 機能を追加できます。

Microsoft では、既存の Windows Phone 8.1 Silverlight アプリをユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) に移植する作業を容易にするために、Mobilize.Net との提携を実現しました。これにより、元のアプリのコードを解析および分析して、UWP への変換を自動化するツールを提供できるようになりました。

iOS 用 Windows ブリッジで、iOS アプリを Windows に変換しましょう。元のアプリは Objective-C のまま、サポートされている多数の iOS フレームワークを Windows 固有の機能と組み合わせて、何百万人もの潜在的な新規ユーザーを魅了することができます。

アプリを UWP で再作成

アプリがユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 対応になれば、Cortana や Windows Ink など、Windows 10 のユニークな機能にアクセスできます。

既存のアプリを UWP 向けに作り直す場合は、以下のガイダンスもご覧ください。

このページは役に立ちましたか?
追加のフィードバックはありますか?
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook Web チャット line