iOS アプリの分析

ここに IPA をドラッグ アンド ドロップするか、

対象のアプリで iOS 用 Windows ブリッジが適切に機能するかどうかを評価できるように、アプリ分析ツールを提供しています。このツールは、プロジェクトを調べ、現在ブリッジでサポートされているものと一緒に使われるフレームワークとクラスを相互参照し、Web ブラウザーに結果を返します。また、プロジェクトで使用されているサード パーティ製のライブラリおよび SDK パッケージを特定し、それらが Windows 10 で利用可能かどうか、または同等のライブラリが利用可能かどうかを知らせます。この分析は出発点にすぎませんが、対象の iOS アプリを Windows 10 に移行するために必要な作業量がわかります。

: IPA のサイズと使っているサード パーティ製ライブラリの数によっては、分析が完了するまでに数分かかることがあります。

アップロードしています...

このウィンドウを閉じないでください

分析結果

アプリは % サポートされます

開始する準備はできましたか。GitHub でブリッジをダウンロード

iOS (最小バージョンの iOS ) 向け
ファイル サイズ: MB

iOS フレームワーク

サード パーティ製ライブラリ

読み込んでいます
提出によって、私はこれらの条項に同意します。

Xcode から IPA をエクスポートするにはどうしたらよいですか。

アプリ分析ツールを使うには、暗号化されていない IPA を Xcode からエクスポートする必要があります。以下にその方法を示します。

  1. Xcode で、[Scheme] ツール バー メニューから汎用 iOS デバイスまたは接続されたデバイスを選びます。シミュレーター ビルドから IPA を作成することはできません。
  2. [Product] (製品) > [Archive] (アーカイブ) を選びます。
  3. Archives Organizer で、アーカイブを選び、[Export] (エクスポート) をクリックします。
  4. [Save for Development Deployment] (開発展開用に保存) を選び、[Next] (次へ) をクリックします。結果の IPA は開発証明書でコード署名されます。
  5. Xcode の指示に従って、IPA を生成して保存します。

次の手順

アプリ分析ツールを使うと、コードが Windows で適切に実行されるかどうかがある程度わかりますが、一番よいのはブリッジを実際に試してみることです。PC の場合は、GitHub からブリッジをダウンロードし、対象のアプリで試してみてください。Mac の場合は、Windows 10、Visual Studio 2015、および iOS 用 Windows ブリッジにプリロードされている評価用の仮想マシンの Parallels、VMware、Hyper-V、または VirtualBox のいずれかで試してください。問題が発生した場合は、問題を提出してお知らせください。iOS 用 Windows ブリッジはオープン ソース プロジェクトであるため、それに寄与することも歓迎されます。

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook WeChat line