ユーザビリティ

ユーザビリティを表すアイコン

少しの配慮で細かい点に注意するだけで、単に優れたユーザー エクスペリエンスから、世界中のユーザーのニーズを満たす真に包括的なユーザー エクスペリエンスに変えることができます。

このセクションに示す設計とコーディングの手順に従って、アクセシビリティ機能の追加、グローバリゼーションとローカライズの有効化、ユーザーによるエクスペリエンスのカスタマイズの有効化、必要に応じたヘルプの提供を行うと、UWP アプリをより包括的なアプリにすることができます。

アクセシビリティ

アクセシビリティの目的は、従来のユーザー インターフェイスの使用に支障があるユーザーにとってアプリを使いやすいものにすることです。状況によってはアクセシビリティの要件が法律で定められているものもありますが、できるだけ多くの人にアプリを使ってもらえるように、法的要件に関係なくアクセシビリティの問題に対処することをお勧めします。

グローバリゼーションとローカライズ

Windows は世界中で利用されており、文化、 地域、言語の異なるユーザーが存在します。ユーザーは、自分の使用言語としてどの言語でも指定でき、複数の言語を指定することもできます。 住んでいる地域として世界中のどの場所を指定することもでき、地域を問わずどの言語でも指定できます。 グローバリゼーションとローカライズによってアプリの適応性を高めれば、潜在的な市場が広がります。

アプリの設定

アプリの設定は、ユーザーがアプリをカスタマイズし、個人のニーズや好みに合わせて アプリを最適化できるようにするものです。適切な設定を提供し、適切に保存することで、優れたユーザー エクスペリエンスをさらに向上させることができます。

アプリ内ヘルプ

アプリの設計がどれほど優れていても、ユーザーはヘルプを必要とする場合があります。

このページは役に立ちましたか?
追加のフィードバックはありますか?
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook Web チャット line