ツール

WinDbg を使って、Win32 アプリと Windows ドライバーをデバッグします。

Visual Studio デバッガーを使って、アプリの実行時の動作を監視し、論理エラーを検出します。

デバッグに関する一般的なガイダンス

基本的なイベント駆動型デバッガーを作成します。デバッガーでは、デバッグ対象のイベントを待機し、ブレークポイント例外を発生させ、例外コントロールをデバッガーに転送します。

予期しないエラーから正常に回復するためのエラー処理コードをアプリに追加します。

XML マニフェストを使ってチャネルまたは ETW セッションに公開するイベントを定義し、トラブルシューティング用にイベントをトレースしたり、ログに記録したりします。

すべてのプログラミング言語とコンピューターで、ソフトウェア例外やハードウェア例外の処理を制御し、デバッガーをサポートします。

1 つ以上のスレッドと同期オブジェクトについて待機チェーンを取得することにより、アプリのハングとデッドロックを診断します。

Intel AVX などの拡張されたプロセッサ機能の情報と状態にアクセスし、処理します。この機能は、浮動小数点数計算を集中的に使用するアプリを対象としています。

Visual Studio でのデバッグ

共通言語ランタイム (CLR) を対象とするアプリの一般的なデバッグ手法を使います。

C++ で記述されたネイティブ アプリと Win32 アプリの一般的なデバッグ手法を使います。

グラフィックス診断ツールを使うと、DirectX ゲームや DirectX アプリのグラフィックス エラーをデバッグすることができます。

このページは役に立ちましたか?
追加のフィードバックはありますか?
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook Web チャット line