エンタープライズ向けの設計

Windows 10 では、企業が必要とするセキュリティ、管理、構成をコントロールしながら、ユーザーが求めるすばらしいエクスペリエンスを構築できます。

基本の説明

ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリは、さまざまな言語で簡単に開発できます。これらは、デスクトップ、携帯電話、タブレット、Surface Hub など、あらゆるデバイスでシームレスに動作します。また、エンタープライズ レベルの信頼済みセキュリティおよび認証機能を利用して、ビジネス データを確実に保護できます。

エンタープライズ機能の統合

Windows アプリで利用できるセキュリティ機能について確認し、何がビジネス ニーズに最も適しているかを判断します。

ジェスチャ (Windows Hello、PIN など) を使う強力な 2 要素認証を使用して、安全なユーザーのログイン エクスペリエンスを構築します。

Prism フレームワークを使って、疎結合の、保守やテストが可能なエンタープライズ レベルのアプリを構築します。

アプリの展開

エンタープライズ アプリを配布するためのオプションがあります。ビジネス向け Windows ストアや既存のモバイル デバイス管理ツールを使うことも、アプリをデバイスにサイドロードすることもできます。Windows ストアに公開すると、一般ユーザーにもアプリを利用可能にすることができます。

オンライン ビデオ

生体認証オプション (指紋認識、顔認識など) を含む、2 要素認証をアプリに統合する方法の詳細。

Desktop Bridge (Project Centennial) を使うと、Win32、.Net、Windows フォーム、および COM アプリを Windows 10 のユニバーサル Windows プラットフォームに簡単に移行できます。

セキュリティ侵害の進化や、こうした新しい課題に対処することをどのように検討し始めるかの詳細をご覧ください。

Windows 10 により、信頼できるアプリが仕事や個人に関する情報を安全に処理する方法がどのように提供され、これによりユーザー エクスペリエンスをボックス化することなくビジネス データを管理できるようになるかご確認ください。

このページは役に立ちましたか?
追加のフィードバックはありますか?
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook Web チャット line