マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項

Microsoft Enterprise Windows Driver Kit (WDK)

  • Windows 10 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK)
  • Windows 10 用 Windows Driver Kit (WDK)
  • Visual C++ Build Tools 2015

本マイクロソフト ライセンス条項 (以下「本ライセンス条項」といいます) は、お客様と Microsoft Corporation (「以下「マイクロソフト」といいます) との契約を構成します。以下の条項を注意してお読みください。本ライセンス条項は、上記のソフトウェアおよびソフトウェアが記録された媒体 (以下総称して「本ソフトウェア」といいます) に適用されます。また、本ライセンス条項は、以下の本ソフトウェアに関連するマイクロソフト製品に、別途固有のライセンス条項が付属していない場合には、これらの製品にも適用されるものとします。

  • 更新プログラム
  • 追加物
  • インターネットベースのサービス
  • サポート サービス。

なお、これらの製品に別途固有のライセンス条項が付属している場合には、当該ライセンス条項が適用されるものとします。

本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ライセンス条項に同意されたものとします。本ライセンス条項に同意されない場合、本ソフトウェアを使用しないでください。
*******************************************************************
お客様が本ライセンス条項を遵守することを条件に、以下の永続的権利が許諾されます。

  1. インストールおよび使用に関する権利。
    1. インストールおよび使用。1 名のユーザーが、本ソフトウェアの任意の数の複製をデバイスにインストールして使用し、プログラムを設計、開発、およびテストすることができます。さらに、ネットワーク管理システムを通じて、またはデスクトップ イメージの一部として、企業の内部ネットワーク内のコンピューター デバイスに本ソフトウェアの任意の数の複製をインストール、使用、または展開し、マイクロソフト製オペレーティング システム上で実行されるプログラムを設計、開発、およびテストすることができます。それぞれの複製は、すべての著作権と商標に関する通知を含む、完全なものである必要があります。本ライセンス条項と同様に本ソフトウェアを保護するための条項に同意することを、エンド ユーザーに要求する必要があります。
    2. 含まれるマイクロソフト製プログラム。本ソフトウェアには、他のマイクロソフト製プログラムも含まれています。含まれるマイクロソフト製プログラムのお客様による使用には、本ライセンス条項が適用されます。
    3. ユーティリティ。本ソフトウェアには、次の URL にあるユーティリティ一覧に記載されている特定のコンポーネントが含まれます。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=524839 .本ソフトウェアのエディションによっては、本ソフトウェアで受け取るユーティリティ ファイルの数が、ユーティリティの一覧に記載されているユーティリティの数と一致しない場合があります。特定のファイルに関してユーティリティの一覧で特に指定のない限り、本ソフトウェアと共に受け取るユーティリティをコピーし、その他のサード パーティ製のコンピューターにインストールすることができます。これらのユーティリティは、本ソフトウェアでお客様が開発したプログラムおよびデータベースのデバッグおよび展開にのみ使用できます。(i) プログラムのデバッグまたは展開の終了、または (ii) そのコンピューターへのユーティリティのインストールから 30 日後のいずれか早い期間内に、サード パーティ製コンピューターにインストールしたすべてのユーティリティを削除する必要があります。この一覧には、随時ファイルが追加されます。
    4. ビルド サーバーの一覧。本ソフトウェアには、次の URL にあるビルド サーバーの一覧に記載されている特定のコンポーネントが含まれます。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=524838 .この一覧に記載されているファイルの複製を、プログラムのコンパイル、ビルド、検証、およびアーカイブの目的でのみ、ビルド コンピューターにコピーすることができます。これらのコンポーネントは、内部のビルド環境をサポートするため、組織内のビルド システムを作成および構成するためにのみ使用できます。これらのコンポーネントは、いずれのソフトウェアにも外部への領布権利を与えたり、第三者へのサービスとしてのビルド環境の提供を可能にしたりするものではありません。この一覧には、随時ファイルが追加されます。
    5. サード パーティ製のプログラム。本ソフトウェアには、本契約に基づいてサード パーティではなくマイクロソフトがお客様にライセンス供与するサード パーティ製コードが含まれる場合があります。サード パーティ製コードに関する通知 (ある場合) は、情報提供のみを目的として含まれているものであり、本ソフトウェアに関連する credits.rtf または ThirdPartyNotices.txt ファイル内に掲載されています。
  2. 追加のライセンス条件および追加の使用権
    1. 再頒布可能コード。本ソフトウェアには、お客様が開発されたプログラムに含めて再頒布可能なコードが含まれています。ただし、以下の条件に従うものとします。
      1. 使用および再頒布の権利。以下に記載するコードおよびテキスト ファイルを「再頒布可能コード」といいます。
        1. REDIST.TXT ファイル。REDIST.TXT ファイルに示されているコードのオブジェクト コード形式に加えて、次の URL にある REDIST ファイルに記載されている任意のファイルをコピーし、頒布することができます。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=294840 .
        2. 第三者による頒布。お客様は、お客様のプログラムの頒布者に対して、お客様のプログラムの一部として再頒布可能コードの複製および頒布を許可することができます。
      2. 再頒布の条件。お客様は、お客様が頒布するすべての再頒布可能コードにつき、以下に従わなければなりません。
        1. お客様のプログラムにおいて再頒布可能コードに重要かつ主要な機能を追加すること
        2. ファイル名拡張子が .lib である再頒布可能コードの場合は、リンカーによってその再頒布可能コードを実行した結果のみをお客様のプログラムと共に頒布すること
        3. セットアップ プログラムに含まれている頒布可能コードは変更することなくそのセットアップ プログラムの一部としてのみ頒布すること
        4. 少なくとも本契約と同程度に頒布可能コードを保護する条項に代理店および外部のエンド ユーザーが同意するように要求すること
        5. 著作権に関する有効な通知をプログラムに表示すること
        6. お客様のプログラムの頒布または使用に関する申し立てについて、マイクロソフトを免責、保護、補償すること (弁護士費用についての免責、保護、補償も含む)
      3. 再頒布の制限。以下の行為は一切禁止されています。
        1. 再頒布可能コードにおける著作権、商標、または特許の表示を改変すること
        2. お客様のプログラムの名称の一部にマイクロソフトの商標を使用したり、お客様のプログラムの提供元がマイクロソフトであるか、マイクロソフトが推奨しているように見せかけること
        3. Windows プラットフォーム以外のプラットフォームで実行するために再頒布可能コードを頒布すること
        4. 再頒布可能コードを悪質、詐欺的または違法なプログラムに組み込むこと
        5. 除外ライセンスのいずれかの条項が適用されることとなるような方法で再頒布可能コードのソース コードを改変または頒布すること。「除外ライセンス」とは、使用、改変、または再頒布の条件として以下の条件を満たすことを要求するライセンスです。
          1. コードをソース コード形式で公表または頒布すること
          2. 他者が改変を行う権利を有すること
      4. 本ソフトウェアで利用可能になる機能の販売権。
        1. Windows アプリの要件。Windows ストアでプログラムを利用可能にする場合、プログラムはアプリ開発者契約書 (現在、msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh694058.aspx でご覧いただけます) に定義および��明されている認証に準拠する必要があります。
        2. Bing 地図。本ソフトウェアには、地図、画像、その他のデータなどのコンテンツを Bing 地図 (またはその後続ブランド) アプリケーション プログラミング インターフェイス (以下「Bing 地図 API」といいます) を通じて取得し、地図、航空写真、またはハイブリッド画像上にデータを表示するレポートを作成する機能が含まれています。これらの機能が含まれている場合、その機能を使用して、本ソフトウェアに統合されている方法およびアクセス手段に関連してのみ、動的または静的ドキュメントを作成および表示できます。それ以外の方法で、Bing 地図 API を通じて利用できる会社名、住所、およびジオコーディングを含むエンティティ情報のデータベースをコピー、保存、アーカイブ、または作成することはできません。Bing 地図 API を使用してセンサー ベースのガイド/ルーティングを提供したり、交通状況データまたは外観図マップ API を使用したりすることはできません。また、関連コンテンツには次の URL に記載されているその他の条項が適用されます。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=21969 .
  3. その他の地図 API。本ソフトウェアには、Bing で提供されていない地図またはその他の関連する地図機能およびサービスを提供するアプリケーション プログラミング インターフェイスが含まれている場合があります (「その他の地図 API」といいます)。その他の地図 API には追加条件が適用され、その他の地図 API の使用またはボリュームに基づいて、マイクロソフトまたはサード パーティ プロバイダーへの料金の支払いが必要になる場合があります。これらの条件が提供されるのは、このようなその他の地図 API を使用するために必要なライセンス キーを取得した場合や、その他の地図 API の使用に関連するドキュメントを確認または受け取った場合です。
  4. プッシュ通知。Microsoft プッシュ通知サービスを使用して、ミッション クリティカルな通知または生命にかかわるような通知を送信することはできません。これには、医療装置や健康状態に関連する重要な通知が含まれますが、この限りではありません。マイクロソフトは、Microsoft プッシュ通知サービスの使用、または Microsoft プッシュ通知サービスの通知の配信が中断されず、エラーがないことの明示的な保証を一切行いません。また、それがリアルタイムで発生することも保証されません。
  5. 音声認識名前空間 API。プログラムで音声認識名前空間 API を通じた音声認識機能を使用するには、音声認識サービスのサポートが必要です。このサービスでは、認識時 (定義済みの文法を使用するとき) に、ネットワーク接続が必要になる場合があります。さらに、このサービスでは、サービスの提供と向上のために、音声関連のデータを収集する場合があります。音声関連データには、文法のサイズや文法の文字列語句に関連する情報などが含まれます。

    また、ユーザーが電話で音声認識を使用するためには、最初に特定の使用条件に同意する必要があります。使用条件では、サービスの提供と向上のため、音声認識サービスの使用に関連するデータが収集されることがユーザーに通知されます。ユーザーが使用条件に同意することなく音声認識がアプリケーションで試みられた場合、操作は機能せず、アプリケーションでエラーが返されます。
  6. API の使用。マイクロソフトの製品およびサービスの提供、向上、およびパーソナル設定のため、マイクロソフトはプログラムによる API の使用に関連するデータを監視、収集する場合があります。マイクロソフトの監視によって収集されたエンド ユーザー情報と、プログラムによる API の使用に関連するデータ収集には、マイクロソフトの消費者のプライバシーに関する声明が適用されます。
  7. Location Framework。本ソフトウェアには、プログラムで位置情報サービスのサポートを有効にする Location Framework コンポーネントが含まれる場合があります。Location Framework コンポーネントまたは本ソフトウェアの残りの部分を使用する場合、本契約の他の制限に加えて、すべての該当する地域の法律と規制に従う必要があります。
  8. デバイス ID へのアクセス。本ソフトウェアには、プログラムを実行しているデバイスのデバイス ID にプログラムがアクセスできるようにするコンポーネントが含まれる場合があります。デバイス ID のアクセス コンポーネントまたは本ソフトウェアの残りの部分を使用する場合、本契約の他の制限に加えて、すべての該当する地域の法律と規制に従う必要があります。
  9. PlayReady のサポート。本ソフトウェアには、Microsoft PlayReady コンテンツ アクセス テクノロジを含む Windows エミュレーターが含まれる場合があります。コンテンツの所有者は、Microsoft PlayReady コンテンツ アクセス テクノロジを使用して、著作権で保護されたコンテンツを含む知的財産権を保護します。本ソフトウェアは、PlayReady テクノロジを使用して、PlayReady で保護されたコンテンツまたは WMDRM で保護されたコンテンツにアクセスします。マイクロソフトは、(i) PlayReady テクノロジの違反または潜在的な違反が発生した場合、(ii) 事前の信頼性の強化のため、(iii) 本ソフトウェアがコンテンツの使用に関する制限を適切に適用できなかったためコンテンツ所有者が取り消しを要求したなどの理由で (これらがすべてではありません)、PlayReady で保護されたコンテンツを利用する本ソフトウェアの機能を取り消す決定ができます。この取り消しにより、保護されていないコンテンツや、その他のコンテンツ アクセス テクノロジで保護されているコンテンツに影響はありません。コンテンツ所有者は、コンテンツにアクセスするために PlayReady のアップグレードを要求することができます。アップグレードを決定した場合、アップグレードを必要とするコンテンツにアクセスすることはできず、その他のオペレーティング システムの更新プログラムまたはアップグレードをインストールすることもできません。
  10. パッケージ マネージャー。本ソフトウェアには、アプリケーションで使用するその他のマイクロソフト製およびサード パーティ製ソフトウェア パッケージをダウンロードするオプションを提供する、NuGet などのパッケージ マネージャーが含まれる場合があります。これらのパッケージには、本契約ではなくそのパッケージ独自のライセンスが適用されます。マイクロソフトは、いずれのサード パーティ製パッケージについても、領布、使用許諾、または保証を行いません。
  11. フォント コンポーネント。本ソフトウェアの実行中に、そのフォントを使用してコンテンツを表示および印刷できます。コンテンツへのフォントの埋め込みは、フォントの埋め込み制約に従ってのみ許可されます。また、プリンターへのダウンロードや、コンテンツの印刷のために他の出力デバイスに一時的にのみダウンロードすることができます。
  12. H.264/AVD 映像標準および、VC-1 ビデオ標準に関する通知。本ソフトウェアには、H.264/MPEG-4 AVC または VD-1 デコード テクノロジが含まれている場合があります。MPEG LA, L.L.C. は、以下の注意書きを表示することを義務付けています。
    • 本製品は、消費者による個人的で非商業的な使用において、(i) 上記の標準 (「ビデオ標準」) に準拠してビデオをエンコードするため、(ii) 個人的および非商業的な活動に従事する消費者によってエンコードされた AVC および VC-1 ビデオまたはこのようなビデオの提供を許諾されたビデオ プロバイダーから入手した AVC および VC-1 ビデオをデコードするために、AVC および VC-1 特許ポートフォリオ ライセンスに基づいてライセンス供与されます。いずれのライセンスも、このような製品が単品で本ソフトウェアに含まれているかどうかを問わず、その他の製品には拡張されません。その他のいずれの使用についてもライセンスは供与されず、暗示されるものでもありません。追加の情報は MPEG LA, L.L.C. から入手できます。WWW.MPEGLA.COM をご覧ください。
    明確にすると、この通知は通常の業務において、(i) 第三者への本ソフトウェアの再領布、または (ii) 第三者への領布のためのビデオ標準と互換性のあるテクノロジによるコンテンツの作成を含まない業務で、本ソフトウェアの使用を制限または禁止するものではありません。
  13. インターネットベースのサービスマイクロソフトは、本ソフトウェアでインターネット ベースのサービスを提供します。マイクロソフトは随時このサービスを変更または中止できるものとします。
    1. インターネット ベースのサービスへの同意。本ソフトウェアはインターネット経由でマイクロソフトまたはサービス プロバイダーのコンピューター システムに接続します。接続時に別途通知が表示されない場合もあります。これらの機能を無効にするか、使用しないこともできます。マイクロソフトはこの情報を使用してお客様を識別したり、お客様に連絡したりすることはありません。詳しくは、次の URL のプライバシーに関する声明をご覧ください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=522457 .本ソフトウェアを使用することにより、マイクロソフトがプライバシーに関する声明に説明されているようにお客様の情報を収集および使用する場合があることに同意するものとします。
      1. コンピューター情報。次の機能では、適切なシステムにコンピューター情報を送信するインターネット プロトコルが使用されます。これには、インターネット プロトコル アドレス、オペレーティング システムの種類、ブラウザー、使用中のソフトウェアの名前とバージョン、本ソフトウェアをインストールしたデバイスの言語コードなどがあります。マイクロソフトは、この情報を使用してインターネット ベースのサービスをお客様が利用できるようにします。
        • カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP)。本ソフトウェアは CEIP を使用します。CEIP はお客様のハードウェアに関する情報と、本ソフトウェアの使用方法を自動的にマイクロソフトに送信します。マイクロソフトは、この情報を使用してお客様を識別したり、お客様に連絡したりすることはありません。また、CEIP は定期的にお客様のコンピューターに小さいファイルをダウンロードします。このファイルにより、マイクロソフトは本ソフトウェアの使用中にお客様に発生する問題に関する情報を収集することができます。利用できる場合は、エラーに関する新しいヘルプ情報が自動的にダウンロードされることもあります。CEIP と、それを無効にする方法について詳しくは、次の URL をご覧ください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=525878 .
        • デジタル証明書。本ソフトウェアはデジタル証明書を使用します。デジタル証明書は、X.509 標準暗号化情報を送信するインターネット ユーザーの ID を確認します。また、ファイルやマクロにデジタル署名し、ファイルのコンテンツの整合性と出所を確認するためにも使用できます。本ソフトウェアは、利用できる場合はインターネットを使用して証明書を取得し、証明書失効リストを更新します。
        • エラー レポート。本ソフトウェアは自動的にエラー レポートをマイクロソフトに送信します。これらのレポートには、本ソフトウェアで発生する問題に関する情報が含まれます。レポートには、本ソフトウェアと対話するその他のプログラムに関する情報が含まれることもあります。レポートには、意図せずに個人情報が含まれる場合があります。たとえば、コンピューター メモリのスナップショットを含むレポートには、お客様の名前が含まれている場合があります。操作中のドキュメントの一部が含まれる場合があります。マイクロソフトはこの情報を使用してお客様を識別したり、お客様に連絡したりすることはありません。エラー レポートについて詳しくは、次の URL をご覧ください。 http://oca.microsoft.com/ja/dcp20.asp .
        • Windows アプリ認定キット。本ソフトウェアは、最新の証明書テストを入手するために、起動時に download.microsft.com の Windows アプリ認定キットを定期的に確認し、更新プログラムが利用できるかどうかチェックします。更新プログラムが見つかると、更新プログラムをダウンロードできる Web サイトへのリンクが表示され、ダウンロードが求められます。Windows アプリ認定キットは、Microsoft Windows 認定プログラムへの申請前のプログラムのテストや、Microsoft Windows ストアへの掲載のためのプログラムのテストのみに使用できます。受け取る結果は、参考のみの目的です。マイクロソフトには、(i) お客様のプログラム用に Windows 認証を提供したり、(ii) お客様のプログラムを Microsoft Windows ストアに掲載したりする義務はありません。
          • Silverlight 用の Microsoft デジタル著作権管理
            Silverlight を使用して、Microsoft デジタル著作権管理 (DRM) で保護されたコンテンツにアクセスする場合、コンテンツを再生するため、本ソフトウェアは自動的に以下を実行する場合があります。
            • インターネット上の権限サーバーからメディア使用権限の要求
            • 利用可能な DRM 更新プログラムのダウンロードおよびインストール
            自動更新の無効化の手順を含む、この機能について詳しくは、次の URL をご覧ください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=147032 .
        • Web コンテンツ機能。本ソフトウェアの機能では、マイクロソフトから関連コンテンツを取得してお客様に提供できます。コンテンツを提供するため、これらの機能ではオペレーティング システムの種類、使用中のソフトウェアの名前とバージョン、ブラウザーの種類、および本ソフトウェアをインストールしたデバイスの言語コードをマイクロソフトに送信します。これらの機能の例として、クリップ アート、テンプレート、オンライン トレーニング、オンライン アシスタンス、ヘルプ、Appshelp があります。これらの Web コンテンツ機能を使用しないようにする選択もできます。
      2. 情報の使用。マイクロソフトは、ソフトウェアやサービスを強化するために、コンピューター情報、エラー レポート、および CEIP 情報を使用する場合があります。また、ハードウェア ベンダーやソフトウェア ベンダーなど、他社と情報を共有する場合があります。他社はマイクロソフト製ソフトウェア上での自社製品の実行を強化するために、この情報を使用する場合があります。
      3. インターネットベースのサービスの不正使用。これらのサービスは、サービスに危害を加えたり他者によるサービスの使用を妨げたりする可能性がある方法では使用できません。また、いかなる手段であっても、サービス、データ、アカウント、またはネットワークへの不正アクセスを試みるためにこれらのサービスを使用することはできません。
  14. ライセンスの適用範囲。本ソフトウェアは許諾されるものであり、販売されるものではありません。本ライセンス条項は、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。マイクロソフトはその他の権利をすべて留保します。適用される法令により本ライセンス条項を超える権利が付与される場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、本ソフトウェアに組み込まれた使用方法を制限する技術的制限に従うものとします。以下の行為は一切禁止されています。
    1. 本ソフトウェアの技術上の制限を回避する方法で使用すること。
    2. 本ソフトウェアをリバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること (本ライセンス条項を超えたとしても、適用される法律で明示的に許可された範囲内であれば問題ありません)
    3. 本ライセンス条項または (それを超えたとしても) 適用される法律で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること
    4. 他者による複製を目的として本ソフトウェアを公開すること
    5. 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること
    6. 本ソフトウェアまたは本契約を第三者に譲渡すること
    7. 商用ソフトウェア ホスティング サービスで本ソフトウェアを使用すること
  15. .NET FRAMEWORK ソフトウェア。本ソフトウェアには Microsoft .NET Framework ソフトウェアが含まれています。本ソフトウェアは Windows の一部です。Windows のライセンス条項は、.NET Framework ソフトウェアの使用に適用されます。
  16. バックアップ用複製。お客様は、本ソフトウェアのバックアップ用複製を 1 部作成することができます。お客様は、本ソフトウェアを再インストールするためにのみその複製を使用することができます。
  17. ドキュメント。お客様のコンピューターまたは内部ネットワークに正規にアクセスできる方は、内部的な参照目的に限り、ドキュメントを複製して使用することができます。
  18. 輸出の規制。本ソフトウェアは、アメリカ合衆国および日本国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンドユーザーおよびエンドユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守することに同意されたものとします。詳しくは、www.microsoft.com/japan/exporting をご覧ください。
  19. サポート サービス。本ソフトウェアは何ら保証のない現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供されるため、サポート サービスは提供いたしません。
  20. 完全な合意。本ライセンス条項、ならびに追加物、更新プログラム、インターネットベース サービス、およびサポート サービスに関する使用条件は、本ソフトウェアおよびサポート サービスについてのお客様とマイクロソフトとの間の完全なる合意です。
  21. 準拠法
    1. 米国。お客様が本ソフトウェアを米国内で入手された場合、抵触法の原則にかかわらず、本契約の解釈および契約違反への申し立ては、米国ワシントン州の法律を準拠法とします。消費者保護法、公正取引法、および違法行為を含みますがこれに限定されない他の主張については、お客様が所在する地域の法律に準拠します。
    2. 米国以外。お客様が本ソフトウェアを米国およびカナダ以外の国で入手した場合、入手した国の法律が適用されます。
  22. 法的効力。本ライセンス条項は、特定の法的な権利を規定するものです。お客様は、国によっては、その他の権利を有する場合があります。また、お客様が本ソフトウェアを取得された第三者に関する権利を有する場合もあります。本ライセンス条項は、お客様の国の法律がその法律に基づく権利の変更を許容しない場合、それらの権利を変更しないものとします。
  23. 免責本ソフトウェアは "現状有姿" でライセンス供与されます。お客様は、その使用に関するリスクを負うものとします。マイクロソフトは他の明示的な保証は一切いたしません。本ライセンス条項では変更できないお客様の地域の法律による追加の消費者の権利または法定保証が存在する場合があります。法律上許容される最大限において、商品性、特定目的に対する適合性、非侵害性に関する黙示の保証については一切責任を負いません。
    オーストラリア限定。お客様は、オーストラリア消費者法に基づく法定保証を有し、これらの条項は、それらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。
  24. 救済手段および責任の制限および除外マイクロソフトおよびその供給者の責任は、700 円を上限とする直接損害に限定されます。その他の損害 (派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、および付随的損害を含みますがこれらに限定されません) に関しては、一切責任を負いません。
    1. この制限は、以下に適用するものとします。
      1. 本ソフトウェア、サービス、第三者のインターネットのサイト上のコンテンツ (コードを含みます) または第三者のプログラムに関連した事項。
      2. 契約違反、補償/保証/条件の違反、無過失責任、過失、その他の不法行為に対する請求 (適用法で許容される範囲において)。
      この制限は、マイクロソフトが損害の可能性を認識していたか、または認識し得た場合にも適用されます。上記の制限または除外は、一部の国では付随的、派生的、およびその他の損害の免責、または責任の制限を認めないため、適用されない場合があります。

注意: 本ソフトウェアはカナダ ケベック州で領布されるため、本ライセンス条項を以下にフランス語で示します。
Remarque : Ce logiciel étant distribué au Québec, Canada, certaines des clauses dans ce contrat sont fournies ci-dessous en français.

EXONÉRATION DE GARANTIE.Le logiciel visé par une licence est offert « tel quel ».Toute utilisation de ce logiciel est à votre seule risque et péril.Microsoft n’accorde aucune autre garantie expresse.Vous pouvez bénéficier de droits additionnels en vertu du droit local sur la protection des consommateurs, que ce contrat ne peut modifier.La ou elles sont permises par le droit locale, les garanties implicites de qualité marchande, d’adéquation à un usage particulier et d’absence de contrefaçon sont exclues.

LIMITATION DES DOMMAGES-INTÉRÊTS ET EXCLUSION DE RESPONSABILITÉ POUR LES DOMMAGES.Vous pouvez obtenir de Microsoft et de ses fournisseurs une indemnisation en cas de dommages directs uniquement à hauteur de 5,00 $ US.Vous ne pouvez prétendre à aucune indemnisation pour les autres dommages, y compris les dommages spéciaux, indirects ou accessoires et pertes de bénéfices.

Cette limitation concerne :

  • tout ce qui est relié au logiciel, aux services ou au contenu (y compris le code) figurant sur des sites Internet tiers ou dans des programmes tiers ; et
  • les réclamations au titre de violation de contrat ou de garantie, ou au titre de responsabilité stricte, de négligence ou d’une autre faute dans la limite autorisée par la loi en vigueur.

Elle s’applique également, même si Microsoft connaissait ou devrait connaître l’éventualité d’un tel dommage.Si votre pays n’autorise pas l’exclusion ou la limitation de responsabilité pour les dommages indirects, accessoires ou de quelque nature que ce soit, il se peut que la limitation ou l’exclusion ci-dessus ne s’appliquera pas à votre égard.

EFFET JURIDIQUE.Le présent contrat décrit certains droits juridiques.Vous pourriez avoir d’autres droits prévus par les lois de votre pays.Le présent contrat ne modifie pas les droits que vous confèrent les lois de votre pays si celles-ci ne le permettent pas.

このページは役に立ちましたか?
追加のフィードバックはありますか?
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook Web チャット line