Windows HLK、HCK、Logo Kit のダウンロード

Windows 10 向けの Windows Hardware Lab Kit (Windows HLK) は、Windows Logo Kit (WLK) と Windows ハードウェア認定キット (Windows HCK) が進化したものです。これを使用すると、Windows と互換性があり、Windows 10 のデスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise) および Windows Server 2016 で安定して実行できるシステム、ソフトウェア、ハードウェア製品を提供するために役立ちます。以前のバージョンと同様に、Windows HLK for Windows 10 のテストでは、Windows ハードウェア互換性プログラム (旧ハードウェア認定プログラム) を活用できます。特定のテストに合格すると、マーケティングの一環として Windows ロゴを使用することが許可されます。

Windows HLK for Windows 10

Windows 10 用の開発では、最新の Windows HLK が必要です。このキットは、開発しているドライバーやシステムが Windows 10 と互換性があるという認定を受ける際に役立ちます。

HLK は Windows Insider 向けにも提供されています。

Windows ハードウェア互換性プログラムをサポートするために、Windows 10 Version 1607 に加えて、Windows 10 Version 1703 でも Windows HLK を引き続き利用できます。

Windows 互換性認定に使用するキットに関するガイダンスについては、Windows ハードウェア認定ブログを参照してください。

注: Windows HLK for Windows 10 は、以前のバージョンの Windows でのテストをサポートしていません。以前のバージョンの Windows をテストするには、HCK for Windows 8.1 をダウンロードしてください。

重要: Windows Server 2016、Azure Stack、SDDC の認定には、従来と同様、バージョン 1607 のドキュメントに記載された Windows ハードウェア互換性の要件を満たし、バージョン 1607 の HLK (ビルド 14393) およびそれに対応する再生リストと補助コンテンツを使ってログを生成すると共に、Windows Server のポリシー ドキュメントに規定されたポリシーに従う必要があります。Azure Stack または SDDC プログラムに関する質問、またはソリューションの検証結果を提出する方法に関する質問は、適切な Microsoft テクニカル アカウント マネージャーまたはパートナー管理の担当者にお問い合わせください。

このビデオを見て再生リストについて詳しく知る

その他の HLK のダウンロード

Windows HLK for Windows 10 Version 1703 は、Windows 10 Version 1703 の Windows ハードウェア互換性再生リストおよび補助テスト コンテンツと共に使用する必要があります。Windows HLK for Windows 10 Version 1607 は、Windows 10 Version 1607 のハードウェア互換性再生リストおよび補助テスト コンテンツと共に使用する必要があります。

Windows HLK プライベート クラウド シミュレーター (PCS) テスト用補助コンテンツ

補助コンテンツは、デバイスまたはソリューションの PCS テストに適用されます。

この補助コンテンツ パッケージは、デバイスおよびソリューションの PCS テストに合格するために必要です。このパッケージをダウンロードしたら、次の手順に従い、テストを実行する前に Windows HLK コントローラーにこれらのファイルをインストールしてください。

  1. Windows HLK が事前にインストールされている必要があります。Windows HLK コントローラーがインストールされているサーバー上で、次の場所に移動します。C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Hardware Lab Kit\Tests\amd64
  2. その場所に PCSFiles.vhd を配置します
その他の Windows HLK 補助テスト コンテンツ

追加の補助コンテンツのダウンロードは、グラフィックス、メディア、および平均故障間隔 (MTBF) に関連するいくつかのテストで必要です。これらの分野で Windows HLK のテストを完了するには、以下のファイルをダウンロードしてください。

補助コンテンツを使用するテストに必要なダウンロード:

Windows ハードウェアの互換性再生リスト

公式の Windows ハードウェアの互換性再生リストを入手し、Windows HLK テストを実行して、ハードウェアが Windows 10 との互換性の要件を満たしていることを確認します。

Windows HCK のダウンロード

Windows HCK for Windows 8.1

注: Windows ハードウェア認定キット (Windows HCK) は Windows 10 用ではありません。Windows 10 用のハードウェアまたはドライバーを開発する場合は、新しい Windows 10 用 Windows Hardware Lab Kit (HLK) が必要です。

Windows HCK には、ハードウェアの認定取得に役立つツール、ガイドライン、サポート情報が含まれています。テストは製品開発の各フェーズに分類されているため、認定に関する問題を製品開発サイクル全体を通して発見できます。Windows HCK for Windows 8.1 の新機能については、こちらをご覧ください

補助テスト コンテンツ

ネットワーク メディア、DXVA マルチメディア、または HMFT マルチメディアのような一部のテストでは、テストを行うために追加のファイルが必要になります。認定テストを完了するには、これらのファイルをダウンロードする必要があります。

Windows HCK の QFE 更新プログラム

現在、スタンドアロンの QFE 更新プログラム パッケージは提供されていません。代わりに、キットの各更新プログラムに、以前の QFE パッケージがすべて含まれるようになりました。

Windows HCK 2.1 または WLK 1.6 のダウンロード

Windows HCK 2.1 for Windows 8.1 および Windows 7

Windows HCK 2.1 を使って、Windows 8.1 または Windows 7 を実行しているデバイスを認定します (Windows HCK 2.0 は使用されなくなりました。このキットを使った提出は今後受理されません)。Windows HCK 2.1 を使って、Windows Server 2008 R2 から Windows Server 2012 までの Windows Server リリースをテストすることもできます。

Windows HCK for Windows 8.1 および Windows 7 の QFE 更新プログラム

Windows HCK を使ってデバイスの認定を既に始めている場合は、HCKSetup をもう一度実行して、QFE をインストールする必要があります。

補助テスト コンテンツ

ネットワーク メディア、DXVA マルチメディア、または HMFT マルチメディアのような一部のテストでは、テストを行うために追加のファイルが必要になります。認定テストを完了するには、これらのファイルをダウンロードする必要があります。

Windows HCK のフィルター

HCK テストに問題がある場合は、問題が発生しているテストにパートナーがパスできるようにするための Errata が作成されます。製品に対して実行する必要があるテスト用に、HCK フィルターを入手します。

Windows Logo Kit (WLK) 1.6
  • Windows Server 2003 と Windows Server 2008 のデバイスを認定するには、WLK 1.6 を使います。
  • Windows Server 2008 R2 のデバイスを認定するには、HCK 2.1 または WLK 1.6 を使います。
  • Windows Logo Kit (WLK) のダウンロード

関連するダウンロードも探しますか?

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook WeChat line