Windows IoT ヒーロー画像

Windows 10 IoT

Windows 10 IoT は Windows 10 製品ファミリのメンバーで、エンタープライズレベルのパワー、セキュリティ、管理性をモノのインターネットにもたらします。現在、エッジから Azure クラウドまで、10,000 を超える Windows IoT パートナーがいます。

Microsoft の製品を使用した開発

Windows IoT ソリューションの詳細についてご確認ください

Windows 10 IoT Enterprise

Windows 10 IoT Enterprise

Windows 10 IoT Enterprise は、Windows のパワーを利用して、世界中の Windows エコシステムのあらゆるメリットと開発の親しみやすさを IoT にもたらします。

詳細情報
Windows Server IoT 2019

Windows Server IoT 2019

IoT ソリューションはいっそう複雑になっており、より多くのコンピューティング パワー、ストレージ、接続を必要とします。Windows Server IoT 2019 を使用すると、大規模なワークロードをローカルまたはクラウドで簡単に処理できます。

詳細情報
Windows 10 IoT Core Services

Windows 10 IoT Core Services

Windows 10 IoT Core を搭載したセキュアなスマート デバイスに必要なサービスを提供し、長期的なサービス サポートを提供する、新しいクラウド サービス サブスクリプションです。

詳細情報

Windows IoT プラットフォームで開発する利点

開発者が Windows IoT を OS として選択し、Azure サービスと統合して包括的な IoT ソリューションを提供している理由について、詳細をご確認ください。

セキュリティ アイコン

エンタープライズレベルのセキュリティ

Windows IoT は、高度なデバイスの暗号化や仮想化ベースのセキュリティ機能など、Windows 10 Enterprise と同じ機能を備えています。また、Microsoft のトップレベルのセキュリティ専門家チームが 24時間年中無休でプラットフォームを監視しています。​

詳細情報
セキュリティ アイコン

Windows エコシステム

Windows で開発を行うと、ハードウェアとソフトウェアのソリューション、統合、サービスを網羅する、世界規模のパートナー エコシステムに参加することができます。進化し続ける機能セットと開発者に優しいツールで、スムーズなデバイス構築エクスペリエンスを実現できます。​

詳細情報
セキュリティ アイコン

構築を続ける

Windows IoT は、10 年間の OS ライフサイクル サポートを提供しています。 長期的なサービス チャネル (LTSC) を通じ、隠れたコストはありません。Windows IoT オペレーティング システムは、Microsoft のアプリケーション互換性の約束に沿った下位互換性をサポートしています。

詳細情報
セキュリティ アイコン

Azure クラウド接続

Windows IoT を使用すると、Azure サービスを構成要素として利用し、カスタマイズされた IoT ソリューションを構築することができます。Azure は、お客様のニーズや業界の要件に応じて、業界の幅広い クラウドサービスと機能のポートフォリオを提供しています。

詳細情報
セキュリティ アイコン

すぐに使えるソリューション

Windows IoT を使用すると、お客様はすぐに最高の価値を引き出すことができます。Windows IoT には、OEM のブランディングやカスタマイズのための高度なデバイスとユーザー エクスペリエンスのロックダウン機能が組み込まれており、新しい Microsoft Edge ブラウザーによるターンキー キオスク モードのエクスペリエンスが実現します。

詳細情報
セキュリティ アイコン

強化されたユーザー エクスペリエンス

Windows IoT デバイスは、組み込みのアクセシビリティ、自然なユーザー インターフェイス、Xbox や PC で使用されているものと同じ、クラス最高のグラフィックス サポートを活用して、 デジタル署名、キオスク、POS システムなどのソリューションに対し、優れたエンドユーザー エクスペリエンスを実現できます。

詳細情報
セキュリティ アイコン

デバイス管理

Windows IoT は、既存のあらゆるデバイス管理ソリューションと互換性があります。デバイス管理機能を使用して、組み込みのロックダウン機能とブランド化機能を備えた高度なユーザー エクスペリエンスをカスタマイズしたり、作成したりすることができます。

詳細情報
セキュリティ アイコン

シリコン サポート

Windows IoT のシリコン オファリング (x64 および ARM64) のポートフォリオが拡張され、インテル、AMD、クアルコムなどのさまざまなパートナーのサポートを受けて、あらゆる業界のお客様のデバイスやサポートの低コスト化、より長期のライフサイクル、セキュリティの向上を実現できます。

詳細情報
セキュリティ アイコン

クラウドネイティブ Linux の互換性

Windows IoT を使用すると、ネイティブの Azure IoT Edge モジュールと Win32 や UWP アプリを共存させて Linux コンテナー内で実行し、アプリとクラウド ワークロード間の完全な相互運用性を可能にすることで、エンドツーエンドの Azure 統合を実現するソリューションを構築することができます。

詳細情報
セキュリティ アイコン

組み込みの機械学習

Windows ML を使用すると、ハードウェア アクセラレーションにより、クラウドでトレーニングした ML モデルをエッジのデバイスで評価することができます。ML モデルをローカルで評価するオプションにより、より幅広いシナリオに対応でき、接続性、帯域幅、データのプライバシーに関する懸念も解消されます。

詳細情報
セキュリティ アイコン

コンピューター ビジョン

高度な Windows カメラ スタックと Azure のコンピューター ビジョン サービスを組み合わせることで、画像を処理する高度なアルゴリズムにアクセスし、オブジェクト検出や説明など、お客様が関心のある視覚的特徴に基づいた情報を受け取ることができます。

詳細情報
セキュリティ アイコン

コグニティブ サービス

Windows IoT プラットフォームを使ってコグニティブ サービス機能をサポートし、インテリジェントなデバイスを構築し、ユーザーのニーズを解釈する方法をご確認ください。Windows IoT には初めから、音声処理、コンピューター ビジョン、顔分析のサポートが含まれています。

詳細情報

優れた構築を共に

他のユーザーが Windows for IoT と Azure 統合を使用して、どのようにビジネスを変革したかをご覧ください。

方向キーでピボット内を移動し、Tab キーでピボット セクション内のフォーカス可能なコンテンツにフォーカスします
  • CityBeacon
  • Democracy Live
  • Rockwell Automation
  • Innowi
Dover の燃料ディスペンサー ソリューション

「私たちの新しいスマート燃料ディスペンサー ユーザー エクスペリエンス プラットフォームは、関連性のあるカスタマイズされた情報、ビデオ、ニュース、そして音楽をお客様に提供し、その体験を早く、簡単に、適切に、親しみやすく、そして楽しいものにしています。このプラットフォームは対話をパーソナライズすることができます。これは、顧客との握手のようなもので、小売業者がこれまでに経験したことのないものです。」

Scott Negley 氏 (ディスペンサー製品担当ディレクター、Dover Fueling Solutions)

ストーリーを読む
Democracy live

「Windows IoT と Dell の既製ハードウェアを活用することで、セキュリティとアクセシビリティのレベルを向上させつつ、納税者に負担をかけないようにしました。全国の投票所に最高レベルのアクセシビリティとセキュリティをもたらすお手伝いができることを嬉しく思います。」

Bryan Finney 氏 (プレジデント兼創設者、Democracy Live)

ストーリーを読む
Rockwell Automation

「Rockwell Automation の製品を Windows 10 IoT で使用するために、お客様は IT の専門家である必要はありません。学習の手間を軽減しながらも、その豊富なデータを工場の現場で直接利用することができるのです。」

Keith Staninger 氏 (グローバル ビジネス ディレクター、Rockwell Automation)

ストーリーを読む
Innowi

「ブラック フライデーのような休日には、非常に多くの人が集まります。Windows 10 IoT を搭載したデバイス「ChecOut M」は、タグやバーコードを瞬時にスキャンすることができます。業界では、店内のどこからでも注文を受けて完了させることができるので、ラインを一変させることができるものとして認識されています。」

Jeffrey Brooks 氏 (最高マーケティング責任者、Innowi)

ストーリーを読む

プロトタイプから運用へ

ニーズに合わせて Windows IoT デバイスを開発する方法について詳しくご確認ください

黒の背景
2 つの質問の吹き出し

1.Microsoft の製品およびサービスの詳細情報を確認する

Windows for IoT についての詳細情報を読む
濃い灰色の背景
コンパスとルーラーのアイコン

2. Windows IoT 用の開発を開始する

プロトタイプの作成を開始する
灰色の背景
ロボット アーム

3.デバイスを製造し、配布する

商品化を開始する
薄い灰色の背景
ショップによる拡大

4.配布を拡張し、あなたのデバイスを届ける

拡張方法を参照する