Surface ペンと Dial を使用した、入力 UI の抽象コンポジション

Windows 10 の優れた機能

Windows を使用して作成している場合でも、Windows 用に作成している場合でも、Windows 10 May 2020 Update の新しい機能でお使いのアプリを強化できます。

WinUI ライブラリのスクリーンショット

WinUI 2.4

Windows UI ライブラリ (WinUI 2.4) の最新の公式リリースでは、お使いの Windows アプリで情報を直感的に表示するための新しい XAML コントロールが提供されています。WinUI API は以前のバージョンの Windows 10 で実行できるため、最新 OS を使用していないユーザーのサポート用にバージョン チェックや条件付き XAML を含める必要はありません。

確認する

RadialGradientBrush

RadialGradientBrush を使用すると、中心から開始し、X と Y の半径を指定して終了する、放射状グラデーションの楕円を作成できます。

詳細情報

ProgressRing

ProgressRing コントロールを使用すると、操作が完了するまでユーザーがお使いのアプリを操作できないことを示すことができます。

詳細情報

XAML コントロール ギャラリー

XAML コントロール ギャラリー アプリを使用すると、WinUI 2.4 の新機能を含め、すべての WinUI コントロールでハンズオン プレビューを表示できます。

アプリをダウンロードする
Windows と Linux のロゴが表示された PC 画面のイラスト

Windows Subsystem for Linux

Linux 用 Windows サブシステム 2 (WSL 2) は、WSL の新しいバージョンです。これにより、ファイル IO のパフォーマンスとフル システム コールの機能が大幅に高速化されます。

詳細情報

WSL 2 をインストールする

開始するには、コンピューターに WSL 2 をインストールするには、次の手順を行います。

今すぐ始めましょう

WSL 2 の新機能

WSL 2 の新機能と、その変更がワークフローに与える影響について説明します。

詳細情報

WSL の Docker

Docker が WSL 2 でサポートされるようになりました。プレビュー版をインストールし、それを VS Code と統合する方法について説明します。

詳細情報
コンピューターで生成された画像の横で Mixed Reality デバイスを使用する女性

Windows AI

Windows ML を使用して、機械学習モデルをお使いのアプリに統合できます。自動コード生成と新しい API を使用して、トレーニング済みモデルのハードウェア アクセラレータに対応したローカル評価をお使いの Windows 10 デバイスで行うことができます。その他の更新情報として、Windows ML で ONNX バージョン 1.4 (opset 9) がサポートされるようになりました。

詳細情報
パッケージ化フローの図

MSIX とアプリケーション モデル

MSIX は、あらゆる Windows アプリに最新のパッケージ化エクスペリエンスを提供する Windows アプリ パッケージ形式です。オープン ソースの MSIX 形式により、既存のパッケージとデプロイの機能を維持しつつ、最新のパッケージ機能を有効にすることができます。

詳細情報

サービスを含んだパッケージ化

MSIX と MSIX パッケージ化ツールで、サービスを含むアプリ パッケージがサポートされるようになりました。

詳細情報

スパース パッケージ

アプリが MSIX でパッケージ化されていない場合は、パッケージ ID を要求する Windows 機能を使用してそれを実現できるようになりました。

詳細情報

ホステッド アプリ

親アプリと同じ実行可能ファイルと定義を共有するホステッド アプリを作成できるようになりました。ただし、別のアプリのように動作します。

詳細情報

XAML Islands

XAML Islands を使用すると、Windows Desktop アプリケーションで UWP コントロールをホストできます。新しい NuGet パッケージを使用して、WPF、Windows フォーム、または C++ Win32 アプリケーションでカスタム UWP コントロールをホストすることも可能になりました。

今すぐ始めましょう
Microsoft Edge の画像

.NET Standard 2.0

.NET Standard 2.0 クラス ライブラリを使うと、UWP、Android、iOS、ASP.NET、Windows フォーム、WPF のアプリケーションでさらに多くのコードを共有できます。

方法
Visual Studio のロゴ

Visual Studio 2019

Visual Studio 2019 を使用すると、新しいプロジェクトを開始し、既存のアプリをデバッグするのがこれまでよりも簡単になります。コードをすばやく書き、作業をもっとスマートにし、未来を切り開いていきましょう。

新着情報を見る
MR ヘッドセット アイコン

Mixed Reality

物理世界と仮想世界をミックスしたイマーシブ ヘッドセット用アプリを構築しましょう。

方法

最新情報を入手しましょう

Windows Insider Program で、今後の Windows 10 に含まれる機能をご確認ください。

今すぐ参加