Excel を使用してよりスマートなアプリを構築する

Excel 用の便利なアプリケーションを構築する

Excel 機能拡張と Web 経由で Excel データにアクセスする。

Office Web アドインを使用して Excel の機能を拡張する

Office スクリプトを記録、編集、作成してタスクを自動化する

独自のものを追加する
カスタム関数

Microsoft Graph のデータを操作する

Excel 開発の新機能

Excel を実行している ノート PC と、右ウィンドウで動作する Office アドインの例

Office アドインを使用して Excel 機能を拡張する

Office アドイン プラットフォームを使用すると、Windows、Online、Mac OS、iPad などの複数のプラットフォームの Excel クライアントで実行される Web アプリを介して Excel 機能を拡張できます。このテクノロジは、JavaScript API for Office (別名: Office.js) を使用して有効になります。Office.js を使用して Excel アドインを作成する詳細情報については、「Excel アドイン ドキュメント」を参照してください。

COM ベースのアドインについては、「Office クライアント開発のドキュメント」を参照してください。

ハンドヘルド タッチ デバイスと、Microsoft Graph を使用して Excel データにアクセスするタブレット ペンを使っている人

Microsoft Graph を使用して Excel データにアクセスする

Microsoft Graph を使用すると、OneDrive、SharePoint、その他のサポート対象ストレージ プラットフォームに格納されている Excel ブックを読み取ったり変更したりできます。Web アプリケーションやモバイル アプリケーションで REST API 要求を Microsoft Graph に発行することによって、Excel オブジェクトにアクセスできます。詳細については、「Microsoft Graph での Excel の操作」を参照してください。

リソースの取得

トップに戻る