Microsoft Graph のクイック スタート

Office 365 に接続して、Microsoft Graph API を呼び出すためのサンプル アプリを作成します。


  1. この Microsoft Graph のクイック スタートでは、認証とアプリの登録のために、v2.0 エンドポイントを使用しています。個人用アカウントの場合は、v2.0 エンドポイントをお勧めします。現在、すべての認証シナリオが v2.0 エンドポイントでサポートされているわけではないことと、エンタープライズ シナリオには推奨されていないことにご注意ください。詳細については、「v2.0 エンドポイントの使用が適しているかどうかを判断するには」を参照してください。 エンタープライズ向けに作成している場合は、「はじめに (V1.0 エンドポイント)」を参照してください。

  2. 既存の hotmail.com、live.com、outlook.com のいずれかのアカウントが存在する場合、メールボックスで Microsoft Graph または Outlook のエンドポイントを使用した呼び出しがサポートされない可能性があります。  これについては現在、対処中です。その間、API を使用して Outlook.com や OneDrive.com などのコンシューマー サービスにアクセスしたい場合は、新しい Microsoft アカウントを作成してください。

  3. Groups、OneDrive for Business、Azure Active Directory、Planner、Excel などのサービスを利用する予定の場合、職場または学校のアカウントが必要です。お持ちでない場合は、Office 365 開発者プログラムに参加して、1 年間無料のサブスクリプションを取得することができます。

1

クイック スタートに関する説明とプラットフォームの選択

クイック スタートのサンプルでは、Microsoft Graph の機能にアクセスする方法を示します。 以前は、呼び出すサービスごとに認証を行う必要がありました。 Microsoft Graph では、認証を統合し、すべての API のエントリ ポイントを 1 つのエントリ ポイントに結合することで、開発者にとってのこのような複雑さを無くしました。 一度認証を行えば、複数のアプリケーションとサービスに関する情報にアクセスできるようになりました。

クイック スタートの例では、一度の認証で次の 3 つのサービスにアクセスします:Azure Active Directory、OneDrive、Outlook。 各クイック スタートでは、Azure AD のユーザー プロファイルから情報を取得して、それを OneDrive (写真) へ書き込み、Outlook を使用して電子メールを (その写真へのリンクを含めて) 送信します。

開始するには、プラットフォームを選択してください。

2

3

コーディングを始める

開始するには、コード サンプルをダウンロードしてください。このサンプルでは、認証の方法とアカウントからメールを送る方法について紹介します。

4

うまくいきましたか?

サインインして、メールを送信できましたか?

注:
1.これらのクイック スタートは、実稼働対応コードになるようには設計されていません。つまり、これらのアプリは、同じシナリオを異なる各種プログラミング言語とプラットフォームにわたって、どのように実行できるかを簡単に示すためのものにすぎません。 クイック スタートを実行したら、認証について十分に理解した上で、実稼働対応アプリを作成することをお勧めします。
2.アプリケーション登録ポータルで、アプリケーションの管理や構成、または新しいアプリケーションの作成が可能です。
* Android ロボットは、Google が作成および共有している作業に基づいて複製または変更されており、Creative Commons 3.0 Attribution License に記述されている条件に基づいて使用されています。