広告によるアプリの収益の獲得

UWP アプリに広告を配置することで、収益機会を増やします。マイクロソフトのプラットフォームは、さまざまな種類の広告を提供し、さまざまな人気のある広告ネットワークとの仲介をサポートします。

各コンテキストに合わせた広告

アプリにシームレスに統合できるさまざまな広告形式から選択することによって広告の収益を向上します。マイクロソフトのプラットフォームは、OpenRTB、VAST 2.x、MRAID 2、および VPAID 3 の各標準に準拠しており、MOAT および IAS と互換性があります。

バナー広告は、アプリ画面の上部または下部に表示され、アプリのインストールまたは製品やブランドの表示をユーザーに求めることができます。

スポット ビデオおよびスポット バナー広告は、ユーザーのエクスペリエンスを向上するだけではなく収益の向上ももたらすページ全体にわたる広告です!

ネイティブ広告を使うと、アプリのテーマに適した高度なカスタム広告を通じて豊富なインライン広告を作成できます。

アプリ内広告で収益を得る

このビデオでは、アプリ内に表示できるさまざまな種類の広告を紹介し、広告仲介を利用して広告収益を増やす方法について説明します。

広告仲介サービス

広告形式で複数の人気のある広告ネットワークから広告を提供する、新しいマイクロソフトの広告仲介サービスを使って、アプリでの広告収益を最大化します。コード行を変更せずに、デベロッパー センター ダッシュ ボードで、仲介の設定を構成できます。マイクロソフトに仲介を設定させる場合、マイクロソフトの機械学習アルゴリズムによって、お客様のアプリがサポートしている市場の広告収益を最大化できます。

分析

Windows デベロッパー センター ダッシュ ボードの分析レポートを使って、アプリ内広告のパフォーマンスを確認し、この情報を使って、広告の収益を最大化します。このデータをプログラムで取得するために使える REST API も提供します。

作業の開始

Microsoft Advertising SDK のインストール

この SDK には、UWP アプリで広告を表示するために必要な UI コントロールが用意されています。

広告の種類を選択し、UWP アプリに広告コントロールを追加

アプリのコード内の広告を表示する位置に、いずれかの広告コントロールを追加します。バナー広告、スポット広告、ネイティブ広告について、テスト広告ユニットとアプリケーション ID の値をコントロールに割り当て、アプリをテストして、テスト広告が表示されることを確認します。

広告ユニットを取得し、仲介を構成

バナー広告、スポット広告、ネイティブ広告について、Windows デベロッパー センター ダッシュボードから広告ユニットとアプリケーション ID を取得し、アプリのコードでこれらの値を広告コントロールに割り当てます。広告の収益を最大化するには、広告ユニットの仲介を有効にして、さまざまな人気のある広告ネットワークから選択します。

アプリの提出と分析の確認

更新したアプリ パッケージをストアに提出します。その後、ダッシュ ボードで広告パフォーマンス レポートを確認し、市場や広告ネットワークでの広告ユニットのパフォーマンスを確認します。

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook WeChat line