Windows デスクトップ用アプリケーションの設計

Windows で快適に使うことができる、機能的で美しいデスクトップ アプリケーションを設計する方法について説明します。

これらの設計原則は、鮮明な視覚効果、便利なコントロール、および汎用的な入力を使って、記録に残るユーザー エクスペリエンスをもたらすデスクトップ アプリケーションを作成するために役立ちます。

設計したユーザー エクスペリエンスが最も重要なシナリオに対応していることを確認するために使用できるクイック リファレンス。

UI を開発してユーザー入力などのイベントを関連付け、アプリケーションの魅力的なユーザー インターフェイスを作成します。

マウス、キーボード、そしてタッチ

タブレット ユーザーの急増により、優れたタッチ操作を提供することが、これまでになく重要になっています。

ガイドライン

ドロップダウン リストや検索ボックスなどの標準的なコントロール。

メニュー、ツール バー、リボン。

ボイスとトーンのガイダンスを含む UI テキスト標準。

エラー メッセージ、警告、確認、通知。

キーボード、マウスとポインター、タッチ、ペン、アクセシビリティ。

ダイアログ ボックス、ウィザードなど。

フォント、色、アイコン、アニメーションなど。

ブランド設定、セットアップ、初めてのエクスペリエンス、印刷標準など、良い印象を与えるための材料。

デスクトップ、タスク バー、通知領域、コントロール パネル、ヘルプ、ユーザー アカウント コントロールを最大限に利用する方法。

詳細情報

コントロール、コマンド、ウィンドウ、ポインターなどの UI 要素の視覚的な例をご覧ください。これで、設計の決定事項をより簡単に視覚化できます。

ドキュメント、メディア、グラフィックスが 2 次元と 3 次元、アニメーション、Web のような特性などで組み込まれたインターフェイスを作成します。

Blend for Visual Studio でデザイン サーフェイスとツールを使って UI を構築します。

ActiveX コントロール、ダイアログ ボックスのような標準の UI 要素を参照します。

このページは役に立ちましたか?
追加のフィードバックはありますか?
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook Web チャット line