Windows 10 ゲームの開発を開始する

開発を始めるのに必要なことは以下のとおりです。

開発の準備をする

Windows 10 での開発の準備として、開発環境のセットアップに必要な開発者ツールや情報を入手します。Windows 10 と Microsoft Visual Studio が揃えば、ゲームの開発をすぐに始めることができます。

ユニバーサル Windows プラットフォームについて知る

新しいユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) を使うと、Windows 10 デバイス間でゲームの互換性が保たれます。このプラットフォームには、スマートフォン、PC、Xbox One 用の共通 API と、各デバイスのエクスペリエンスに合わせてゲームをカスタマイズするツールやオプションが用意されています。

テクノロジを選ぶ

Windows 10 ゲームの開発には、複数のプログラミング言語やプレゼンテーション テクノロジを使うことができます。どれを選ぶかは、開発しているゲームや、スタジオ独自の好みやエクスペリエンスによって異なります。C#、C++、JavaScript のどれを使うか、DirectX、XAML、HTML5 のどれを使うか、あるいは少し混ぜるかなどです。状況に合わせてゲームに適したものを選ぶ方法について説明します。

サンプルを入手する

Windows 10 の機能のサンプルを入手して、実際に動作するコードを参照し、Windows 10 の新機能をいくつか試してみましょう。

開発者アカウントを作る

ゲーム用の開発者アカウントを作るには、Windows デベロッパー センター ダッシュボードにアクセスします。ダッシュボードでは、次の操作を実行できます。

  • ゲーム開発者として登録する
  • Windows ストアにゲームを提出する
  • ゲームの公開および認定ステータスを管理して追跡する
  • ゲームを世界中に販売促進して配布する
開発者フォーラムにアクセスする

Windows デベロッパー センターの開発者フォーラムは、コミュニティの議論に加わったり、質問したりするのに最適な場所です。また、他の開発者の質問に答えたり、開発に関するさまざまな問題に対するサポートを受けたりこともできます。新しいユニバーサル Windows プラットフォーム上で実行される Windows アプリと、ネイティブ Windows API などの従来のデスクトップ インターフェイスを使用する Windows デスクトップ アプリのどちらかを選んでください。

Windows 10 でのゲームのユーザー エクスペリエンス

ゲームは、Windows 10 が重点を置いている主要な分野です (特に PC ゲーム)。Windows ストアでできる限り目立つような Windows 10 ゲーム エクスペリエンスを生み出し、ユーザーがゲームを発見、ダウンロード、プレイし、再び使いたくなるようなメカニズムを用意しましょう。Windows 10 のライブ タイルと通知を使って積極的な利用を導く方法について理解できます。ゲーム バーや PC 上の Xbox を通じて実現するゲーム エクスペリエンスと Xbox Live のソーシャル利用について説明します。

この GDC 2015 開発セッションを見る

ID@Xbox

ID@Xbox プログラムでは、認定されたゲーム開発者が Windows と Xbox One 向けに自分でゲームを公開するためのサポートを行います。Xbox One 向けの開発を行ったり、Xbox Live のパワーと興奮 (ゲーマースコアや、クロス デバイス マルチプレイヤー、達成度、ランキングなど) を自分の Windows 10 ゲームでも実現したいと検討されているなら、ID@Xbox にサインアップしましょう。ID@Xbox 開発者になると、創造性を解き放ち、成功の可能性を最大限に引き出すためのツールやサポートを利用できます。

サインアップ

次の段階

UI 設計

ユーザー インターフェイスの基礎、設計の原則、レイアウトのガイドライン、テンプレートなどについて説明します。

開発

Windows 10 の開発に関するドキュメントと技術情報の詳細なライブラリです。

公開

スマートフォン、PC、Xbox One 向けのゲームを Windows ストアで公開するのに役立つプログラムとパートナーシップです。

このページは役に立ちましたか?
その他にご意見はありますか。
ありがとうございました! フィードバックにご協力いただき感謝します。
Microsoft をフォロー Twitter ブログ Facebook Twitter ブログ Facebook WeChat line